喪女予備軍の戯言

適当なことを適当に言ってます。

帝劇チケット本確について物申したいこと

ツイッターランドで見かけたことなのでどこまで本当か分からないしもしかしたら嘘松かもしれないけど「帝劇で本人確認が行われた」旨のツイートを複数見て怒りが込み上げてたまらないのでブログにします。

 
今回の件を要約すると
「紙チケである帝劇のチケットにおいて、同行者と確認を取れなかった正規ルートのチケット購入者が本人確認できずFC名義を潰された
という話です。
 
本人確認をすることそのものは悪ではありません。ジャニーズ界隈に限らず、舞台界隈でも二次元界隈でも何でも高額転売はそこら中で横行し、半ば暗黙の了解のような形で蔓延っているのが現状です。それらを根本から根絶するには「本人確認をする」のが一番有効的な方法ではあると思います。
 
ジャニーズのライブは、今は基本的にデジチケです。帝劇や松竹座といった舞台を主軸にした作品においては、未だに紙チケが採用されている現状です。
デジチケは分配もできないので同時入場が必須となり、本人確認をされると必然的にその場にチケット当選者がいるはずなので、転売や名義借りではない限り弾かれることはありません。また、チケットを譲るにしても名義ごと渡すことになるので、よほどのことがない限りQRごとの譲りはしたくないという心理が働きます。これが一番のメリットであり、同時にデメリットです。例え風邪を引いてしまったり、冠婚葬祭がブッキングしライブに行けなくなったとしても、公式的に譲る方法がジャニーズにはありません。
一方で帝劇・松竹座などの紙チケ主体の現場の場合、事前にチケットを譲り渡すことが可能となります。転売されるリスクは上がりますが、消費者側のデメリットもまた減る。
 
今回私が一番腹が立ったのは、
「同行者が先に入場しようとした結果、チケット当選者がまだ来場していないため確認が取れず名義を潰された」
「そもそも公式が複数枚取れるシステムにしている上、同時入場のアナウンス・同行者の名義登録が事前にされていないにも関わらず、突然身分確認・問答無用で誓約書を書かされた人がいる」
の二点です。
 
口を悪く言えば「運営が公式でリセール機能を設置していないのに何が転売だ」と思ってしまいました。マジでこれが一番腹立ってる。名義潰された人のこと思うと涙出てくるよ。今回潰された人の中に高額転売から買った人がいたとしたら自業自得だけど、友人やフォロワーさん、もしくは縁があって正規価格でお譲りいただいた方がいたかもしれない。家族がいけなくなって突如譲ってもらった人もいるかもしれない。
今日は平日の公演でしたね。仕事終わりに急いで駆けつけて観に行こうとした人がチケット当選者で、譲った同行者が先に入ってて名義潰されたって知ったら私なら申し訳なさすぎて死にたくなる。そういう思いをした人がいるわけですよ。楽しい思いをしに行ってるはずなのに、なんでそういう心無いことするかなあ。
 
事前に同時入場と書いていればまだ違っていたと思います。大幅遅刻じゃない限り来場するまで待てるわけですからね。嵐さんのように事前に同行者の名義登録がされていればそもそも転売も減っていたはずです。
 
そして何より、今回の帝劇はFCに登録している人以外でもチケットを入手できる、一般枠を多く取っている舞台です。割りに合わないわけですよ、色々と。
 
要望・感想を出すのが板についているジャニオタがいくら声を大にして事務所に伝えても実装されないリセール機能、本当どこで躓いてるんだろう。リセール機能あっても転売する奴はするけど、少なくとも善意の人は救われるわけで。その辺りの整備をしていないくせに、ルールを守っているはずの人から名義を取り上げるのは卑怯です。
 
最後になりましたが、私は本人確認の実施を反対しているわけではありません。本人確認をするならそれ相応の救済処置と、事前のアナウンスをしてほしい。ただそれだけです。